詩「見えない傷口のために」/文月悠光

特集「癒やしながら」に寄せた6人の詩と短歌

2020年7・8月 特集:癒やしながら
詩:文月悠光
  • SHARE

「見えない傷口のために」 文月悠光

「勝手に良くなったと判断しないで。
一見治ったように見えても、
皮膚の奥では治りきっていませんから」
医師の言葉に、思わず己の手のひらを見た。
手湿疹でささくれまみれになっては、
つるんと指輪をかむってみせる中指。
わたしは油断してすぐ塗り薬をサボる。
どうせ我慢できずに掻きむしるのだから
またいちから薬を塗り直せばいいと。
浅はかな思惑を見透かされたようで、
カサカサの右手を左手の下にカサコソ隠す。
薬を塗る指と、塗られている指。
夜半掻きむしる指と、掻きむしられる指。
手のひらよ きみは一体どうしたい?

ひとの言葉が刃であるのなら、
唇はあらかじめ備わった傷口だろう。
あなたへの伝わらなさに苛立つとき
噛みしめて思う 唇は傷口であると。
言葉を発するほどに、傷は深く重くなる。
誰もが持つ無防備な傷口のために
四角い包帯が配られる。
もちろん、わたしの存在を「わたし」だけに
閉ざしておくことはできない。
マスク越しにも汗をかき、涙は伝う。

悲しみをほどいても、心は埋まらない。
「満たされる」とは
自分を最高の相棒にすることだ。
この身体を留めつづけるために
響くような怒りと傷が必要だ。

傷は癒えていく、
波紋がなだめられていくように。
心は ふるえる水面。
ひとたび石を投げ込まれたら乱れてしまう。
けれど枯れない泉のおかげで、
わたしは水平線を抱くことができる。
たとえ癒えない傷も 安らぐように。

だから心の水を抜かないでください。
ぜんぶ抜かないでください。
つたない感情を恥じなければ、
傷はやがて癒えていく。
手のひらを見る。
奥の奥まで問いかける。
新たにふさがった傷口は
何かの証のように光りはじめる。
光が傷を飲みこんで
今ようやく言葉になった。

ほかの人の「情報ではない言葉を今。「癒やしながら」に寄せた6人の詩と短歌」をよむ
のびやかに紡がれた詩や短歌の言葉が、頭を満たしていた考えをときほぐし、ゆさぶり、ずらすことがある。自分で自分をたすけるための癒やしを宿した言葉を。

伊藤紺の短歌
大崎清夏の詩
戸田真琴の詩
初谷むいの短歌
雪舟えまの短歌

PROFILE

文月悠光
文月悠光

詩人。1991年北海道生まれ。中学時代から雑誌に詩を投稿し始め、16歳で現代詩手帖賞を受賞。高校3年の時に出した第1詩集『適切な世界の適切ならざる私』で、中原中也賞、丸山豊記念現代詩賞を最年少18歳で受賞。2016年に初のエッセイ集『洗礼ダイアリー』(ポプラ社)、第3詩集『わたしたちの猫』(ナナロク社)を刊行。2018年2月、エッセイ集『臆病な詩人、街へ出る。』(立東舎)を刊行。NHK全国学校音楽コンクール課題曲の作詞、詩の朗読、書評の執筆、詩作の講座を開くなど広く活動中。

詩「見えない傷口のために」/文月悠光

SHARE!

詩「見えない傷口のために」/文月悠光

She isの最新情報は
TwitterやFacebookをフォローして
チェック!

コメントする前に こちらの利用規約
必ずご確認ください

コメント

コメントはMembersのみ行うことができます
Membersについて詳しくはこちら
/ Membersの方のログインはこちら

RECOMMENDED

LATEST

MORE

LIMITED ARTICLES

She isのMembersだけが読むことができる限定記事。ログイン後にお読みいただけます。

MEMBERSとは?

members01

この場所を一緒に育てていく力を交換しあうために。She isのMembersを募集中です