第十七回:苗字が変わることで救われる人もいる。

自分の苗字を早く変えたいと思っていた

2019年5・6月 特集:ぞくぞく家族
連載:つめをぬるひととつくる自分のために塗る爪
テキスト・撮影:つめをぬるひと 編集:竹中万季
  • SHARE

私は先月結婚した。SNSには、長々と文章を書くのに気が引けて、ただ「結婚したよ」とだけ書いてツイートした。
爪と全く関係のないその5文字の発信ですら、必要だったかはわからない。

これは昔から思っていたことだけど、結婚して何が変わるのかもよくわからなかったし、結婚がゴールみたいな考え方もあまり好きではなかった。でも私はお父さんっ子で、尚かつ一人っ子ということもあり、父を安心させたいという気持ちからくる結婚願望は確実にあった。そして、これは詳細を割愛するが、私は自分の苗字を早く変えたいと思っていた。

父と母は苗字が違っており、私は母方の苗字で生活してきたが、いろいろわけあって早くこの籍から抜けたかった。別に普通の、どこにでもいる苗字だったが、ごくたまに生き辛さを感じる苗字でもあった。

先月、とある方と食事をしていた時に、その理由も含めて話をしたら「そうか、苗字が変わることで救われる人もいるってことなんですね」と言われ、なんだかその言葉で荷が下りたような気がして、まさに救われたような気持ちになった。

近年、結婚の在り方やその多様性について意見が飛び交う中で、夫婦別姓を希望する声が多く聞かれるようになった。さまざまな理由で苗字を変えたくない人もいれば、私のように苗字が変わることで救われる人もいる。

どんな意見も、そのひとつひとつが尊重すべきものであるからこそ、どちらが正しいかを決めるのではなく、苗字を変えることができる制度と、変えずにいられる制度が両方当たり前に存在して、自由に選べるようにする、ということで救われる人はいると思う。

銀行口座が新しい名義になっているのを見た父から「にんまりした」とメールがきた。苗字が変わったことで、あるいは変えずに済むことで、人生の新たなスタートをあたたかい気持ちで始められるような人が増えてほしい。

5・6月の特集テーマ「ぞくぞく家族」の爪「chain」

選択肢の連なりで人生と人を快活に結んでいけるように。

使った色

A. She is オリジナルネイル「bouquet」
5月のギフト「ぞくぞく家族」に同梱)
B.
C.
D. ラメ入りネイル

塗り方

1. 右の中指にA~Dのネイルポリッシュの筆の先端をちょんと置いて、色を塗り重ねる。
2. 左の小指に赤を塗る。残りの爪に「bouquet」を塗る。
3. 両方の親指に赤と白で交互に円になるように点を描く。

3で点を書く際は、細い筆を使うのも良いが、AWESOME STOREという雑貨店で販売されている2wayネイルペンが使いやすいのでおすすめ。

PROFILE

つめをぬるひと
つめをぬるひと

爪作家。CDジャケットやイベントフライヤーのデザインを爪に描きそのイベントに出没する「出没記録」、「身につけるためであり 身につけるためでない 気張らない爪」というコンセプトで爪にも部屋にも飾れるつけ爪の制作、爪を「体の部位で唯一、手軽に描写・書き換えの出来る表現媒体」と定義し、 身体性のあるファンアートとして、DOMMUNEの配信内容を描く「今日のDOMMUME爪」。これら活動を並行しながら年に数回、人に爪を塗る「塗る企画」を TONOFON FESTIVAL2017等の音楽フェスやその他イベントにて実施。

INFORMATION

連載:つめをぬるひととつくる自分のために塗る爪
連載:つめをぬるひととつくる自分のために塗る爪
She isのオリジナルネイルを使って生まれた爪のレシピとエッセイを毎月お届け

第一回:彼は「自分なんて」を一切言わない。
第ニ回:コンプレックスの有効活用。
第三回:ターニングポイントはボーナストラック。
第四回:変わることと隠すことは紙一重。
第五回:「始まっている」と思った時から、それは始まっている。
第六回:誰も行けないのに、誰にも言いたくない店の話。
第七回:過去の手紙と、SNSをやっていない友人。
第八回:帰省という日常と、旅行という非日常。
第九回:朝5時、蒸し暑い夏の幕張。
第十回:物欲と金銭状況の均衡。
第十一回:拠点を変えてみるという選択。
第十二回:全力で応えるのは敵意ではなく好意でありたい。
第十三回:競技よりも色濃い、発掘された石の記憶。
第十四回:爪作家と名乗る理由。
第十五回:配色という名の遊び。
第十六回:夢のような夜明け。
第十七回:苗字が変わることで救われる人もいる。
第十八回:自分に課した楽しみでさえも逸してみる休日。
第十九回:服の影に見惚れたこと。
第二十回:体の操縦。
第二十一回:根拠のないおまじない。
第二十二回:なんてことない場所でも楽しいと思えることを誇ろう。
第二十三回:自分に合うという感覚を大事にする。
第二十四回:ダミ声の猫。

第十七回:苗字が変わることで救われる人もいる。

SHARE!

第十七回:苗字が変わることで救われる人もいる。

She isの最新情報は
TwitterやFacebookをフォローして
チェック!

コメントする前に こちらの利用規約
必ずご確認ください

コメント

コメントはMembersのみ行うことができます
Membersについて詳しくはこちら
/ Membersの方のログインはこちら

  • ゆりちゃん
    したい仕事をすることで輝ける人もいる。でも、家族を守る専業主婦になることで輝ける人もいる。苗字を変えたくない人もいる。でも、苗字を変えないことで救われる人もいる。本当に、生き方の選択肢がたくさん増えてきたなと感じています。でも生き方に正解なんてなくて、どの生き方も尊重されるべきもので、自分らしく生きていきたいなと改めてこの記事を読んで思いました。爪、とっても可愛いです!!
    May 31.2019

    No.1

RECOMMENDED

LATEST

MORE

LIMITED ARTICLES

She isのMembersだけが読むことができる限定記事。ログイン後にお読みいただけます。

MEMBERSとは?

202009-myself-gift03

生理痛が起こりにくいからだをつくるための漢方