第二十三回:自分に合うという感覚を大事にする。

自分に合った環境を一人でも多くの人が見つけられるように

2020年5・6月 特集:ここで生きる
連載:つめをぬるひととつくる自分のために塗る爪
テキスト・撮影:つめをぬるひと 編集:竹中万季
  • SHARE

2018年の10月に「拠点を変えてみるという選択。」という記事を書いた。当時は在宅勤務という形で会社に属していたけれど、今年の春に退職し、今はフリーランスとして自宅でつけ爪の制作をしている。

自宅での制作が苦痛じゃないのは、インドアという性格だけではなく、在宅勤務の期間があったことによって、家で仕事をすることの慣らしができたからではないかと、最近特に思う。あの期間がなかったら、フリーランスになることには踏み切れなかったかもしれない。もちろん、当時お世話になった会社の方々のお力添えがあってのこと。「お世話になりました」と文字にするのは簡単だけど、今回ばかりは真面目に「伝われ、この9文字」と思いながら書いている。

会社で6年半働き、そのうちの2年半が在宅勤務だった。そして勤務時間もちゃんと決められていた。始業時間になればチャットで挨拶をして、終業時間にはチャットで「お疲れ様でした!」と送信して夕飯の支度。フリーランスになった今でも、その時間はできるだけ崩さないようにしている。

仕事に集中するために心がけたことは、服を着替えること。一張羅! とまではいかないけど、少なくともパジャマのまま仕事をしたことはたぶん一度もない。なんとなく決めている基準は「電車に乗っても大丈夫かどうか」だ。コンビニに行けるくらい、にしてしまうと私はジャージでも平気で行けてしまうので、電車に乗って数駅行けるくらいがちょうどいいと思っている。

何十年も家で仕事をされている方からすれば、私の2年半はたいした期間ではないけれど、在宅勤務をする人の習慣は、このご時世になるまであまり知る機会がなかったので、これを機にもっと在宅勤務の人の話をたくさん聞きたい。

最近はコロナの影響で、在宅勤務への思いを漏らす人が増えてきた。気軽に外出できない辛さからの、ちょっとした解放とも思えるような緊急事態宣言の解除によって、久々に会社へ通勤して、やっぱり会社のほうが集中できる、と思った人もいると思う。そしてその一方で、在宅勤務が自分に合った環境であると知った人間にとっては、このまま在宅勤務がいいと思っていても、なかなか会社では言いづらいかもしれない。

「やっぱり会社が働きやすいよね!」という言葉に足並みを揃えないといけないような気がして、自分に合わない環境と分かっていながら、自身の成長のためと割り切って会社で働く人や、在宅勤務だからといってサボっているわけではないのに、怠けていると思われることを恐れ、「実は在宅勤務もそれなりに大変なんですよ」とわざわざ苦労を探して、結果的に「これが自分に合っている」という感覚そのものを手離してしまう人もいると思う。

でも、苦労というものは家にも会社にも、ちょっと探せばそこらへんに落ちているけど、自分に合う場所はそう簡単に見つけられるものではないことを、私たちは忘れたらいけない。

例えば、仕事で使うボールペンを、書きやすいという理由で人と違うペンを使っても、特に非難を受けることがないのと同じように、会社勤務と在宅勤務を選べる(そしてそれを非難されない)ような世界になればどんなに素晴らしいことか。これはあくまでも理想だし、もちろん職種や業務内容によっては難しい場合もあるけど、だからこそせめて、可能な会社からどんどん選択肢を広げていけたらいいのに、と思う。自分に合った環境を一人でも多くの人が見つけられるように。

5・6月の特集テーマ「ここで生きる」の爪「Optimal」

苦労というものはちょっと探せばどんな場所にも落ちているけど、自分に合う場所はそう簡単に見つけられるものではないことを、私たちは忘れたらいけない。

使った色

A.薄い黄色
B.
C.マットトップコート
D.水色
E.ボルドー
F.

塗り方

1. 左手の人差し指から小指までの4本の爪に薄い黄色を塗り、乾燥したらマットトップコートを塗る。
2. 乾いたら中央に小さく点を描く。
3. 左の親指と、右の小指の爪に白を塗り、左の親指の爪に、青で山のようなモチーフを描く。
山の右側は、習字で「大」の字の、最後のはらいを書く時のようにすると、細くかっこよく描くことができる。
習字が苦手な人でも(私は苦手)、山の左側より若干細く右側を描くだけで、だいぶかわいい。
4. 右の親指から薬指までの4本の爪に、水色とボルドーで2色塗った直後、色の境界線の下部を筆(爪楊枝でも可)でぼかす。

4の工程では、塗る順番に注意。
色の境界線が乾燥しないうちに筆でぼかしたいので、4本の爪に水色を塗る→4本の爪にボルドーを塗る、という順番ではなく、一本一本、人差し指に水色とボルドー・筆でぼかす→中指に水色とボルドー・筆でぼかす、という順番で塗るのがおすすめ。
筆でぼかす時のコツは、あまり色が混ざりすぎないようにすること。
筆圧を弱く、すすすっと、マーブル模様になるくらいがいい。

PROFILE

つめをぬるひと
つめをぬるひと

爪作家。CDジャケットやイベントフライヤーのデザインを爪に描きそのイベントに出没する「出没記録」、「身につけるためであり 身につけるためでない 気張らない爪」というコンセプトで爪にも部屋にも飾れるつけ爪の制作、爪を「体の部位で唯一、手軽に描写・書き換えの出来る表現媒体」と定義し、 身体性のあるファンアートとして、DOMMUNEの配信内容を描く「今日のDOMMUME爪」。これら活動を並行しながら年に数回、人に爪を塗る「塗る企画」を TONOFON FESTIVAL2017等の音楽フェスやその他イベントにて実施。

INFORMATION

連載:つめをぬるひととつくる自分のために塗る爪
連載:つめをぬるひととつくる自分のために塗る爪
She isのオリジナルネイルを使って生まれた爪のレシピとエッセイを毎月お届け

第一回:彼は「自分なんて」を一切言わない。
第ニ回:コンプレックスの有効活用。
第三回:ターニングポイントはボーナストラック。
第四回:変わることと隠すことは紙一重。
第五回:「始まっている」と思った時から、それは始まっている。
第六回:誰も行けないのに、誰にも言いたくない店の話。
第七回:過去の手紙と、SNSをやっていない友人。
第八回:帰省という日常と、旅行という非日常。
第九回:朝5時、蒸し暑い夏の幕張。
第十回:物欲と金銭状況の均衡。
第十一回:拠点を変えてみるという選択。
第十二回:全力で応えるのは敵意ではなく好意でありたい。
第十三回:競技よりも色濃い、発掘された石の記憶。
第十四回:爪作家と名乗る理由。
第十五回:配色という名の遊び。
第十六回:夢のような夜明け。
第十七回:苗字が変わることで救われる人もいる。
第十八回:自分に課した楽しみでさえも逸してみる休日。
第十九回:服の影に見惚れたこと。
第二十回:体の操縦。
第二十一回:根拠のないおまじない。
第二十二回:なんてことない場所でも楽しいと思えることを誇ろう。
第二十三回:自分に合うという感覚を大事にする。
第二十四回:ダミ声の猫。

第二十三回:自分に合うという感覚を大事にする。

SHARE!

第二十三回:自分に合うという感覚を大事にする。

She isの最新情報は
TwitterやFacebookをフォローして
チェック!

コメントする前に こちらの利用規約
必ずご確認ください

コメント

コメントはMembersのみ行うことができます
Membersについて詳しくはこちら
/ Membersの方のログインはこちら

RECOMMENDED

LATEST

MORE

LIMITED ARTICLES

She isのMembersだけが読むことができる限定記事。ログイン後にお読みいただけます。

MEMBERSとは?

202010-gift-myself08

「自分らしく?」の10月ギフトをあらたなMembersのみなさまにプレゼント